八王子の矯正歯科ならゼフィール歯科へ
HOME>矯正歯科

矯正歯科

小児矯正
子供の歯列矯正
子供の歯列矯正のイメージ

小児矯正(子供矯正)では、お口の状態により治療目標が異なります。

小児矯正は、開始する時期の違いによって1期治療と2期治療に分けることができ、1期治療は4~5歳の乳歯だけの時期から11歳くらいまでの永久歯と乳歯が混在している時期までの期間です。2期治療は生えそろった永久歯全体の噛み合わせを整えるための治療です。
1期治療ではあごの骨のバランスや大きさを整える骨格矯正で、いわば土台を整えるのを主目的としています。
2期治療はすべての永久歯の位置を整えるため本格的矯正装置による治療です。

小児矯正の治療時期の目安

1期治療(骨格矯正)・・・4歳~11歳
2期治療(歯列矯正)・・・11・12歳~成人

1期治療について

1期治療はまだ小さく柔軟なお子様のあごの成長を促進または抑制することによってバランスを整えることが目標です。このことでなるべく永久歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ない場合もあります。1期治療を大きく分けて4~5歳の乳歯だけの時期と6歳から11・12歳までの乳歯と永久歯が混在する混合してる時期に分けられます。

1期治療の利点
1期治療の利点のイメージ
  • 永久歯の抜歯の可能性が減ります。
    顎を広げたり顎の成長を促す事により抜歯の可能性を減らせる事ができます。(成長後矯正治療をした場合2~4本の永久歯抜歯が必要な場合でも小児期に矯正治療を行う事によって非抜歯となる可能性もあります。
  • 顎の左右のバランスを整えることができます。
    顎骨の成長期において左右バランスがくるった噛み合わせとなっている場合、偏咀嚼といって片方でばかり噛んでしまう事により、より顔の非対称が悪化することがあります。小児期は噛み合わせを改善することにより噛みやすくなり、顎の成長のバランスを整えることが出来ます。
  • 外科矯正の可能性を減らす事ができます。
    歯の生え変わりの時期に歯の傾きが原因で受け口、出っ歯、交差咬合、開咬などになっている場合、放置する事により噛み合わせが悪化し、成長が止まる頃には顎の前後のずれが大きくなりすぎて顎の手術を併用した外科矯正が必要となることがあります。早めに噛み合わせを治す事により正しい成長バランスが可能となって手術の必要性が減ります。
  • 仕上がりが良くなります。
    歯の大きさが極端に大きく、いずれ抜歯が必要となるケースであっても、矯正治療の仕上がりが変わってきます。(顎の成長をバランスよく保つ事により、より良い仕上がりとなります。)
  • 固定式装置を付ける期間を減少する事ができます。
    あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事により、本格矯正が必要となった時、治療期間を短くすることができます。
  • コンプレックスの解消
    早めに目立つ部分の歯並びを改善してあげる事によって、からかいやいじめの対象となっている状態を改善します。コンプレックスを解消する事により、健全な精神発達の環境を整えてあげる事ができます。
2期治療(永久歯が生えそろった時期)

11・12歳以降で永久歯が生えそろってから行う全体的な矯正装置を用いて歯並びと噛み合わせを整える治療です。すべての不正咬合が治療対象になりますが、例外的にあまりに骨格的に前後、左右などのバランスがずれてしまっている患者さんでは成長が止まるのを待って外科矯正を行う場合があります。

大人の矯正
大人の矯正治療でここまで変わる
大人の矯正治療でここまで変わるのイメージ

成人矯正とは、大人になってから始める歯列矯正のことです。歯列矯正は、もはや子供だけの医療ではないのです。
最近では日本人の美意識の変化や歯列矯正の技術の進歩により、成人でも「目立たずに仕事に支障なくできるのなら、歯列矯正を始めたい!」という方が急増しています。
大人の方でも、歯並びを直すことによってその後の人生が大きく変わる可能性があります。

矯正歯科治療後の効果

成人の方でも矯正歯科治療によって、以下のような効果を得ることができます。
大人でも「顔立ちが変わる」
歯は人の顔の印象を決める上での大きな要素の一つです。
顔の主な部分を眉から下顎の下縁までと考えると、上下の歯、及び歯肉の部分では、その40%近くを占めます。ですから、歯を矯正治療で動かすということは顔に重大な影響を与えることになるのです。
特に前歯の前後的及び垂直的位置、前歯の傾斜度、上下の顎の位置はとても重要なポイントです。

歯並びが変わる

ポイント1

歯並びは審美で、かみ合わせは機能かと考えられています。
歯が並ぶと同時に、かみ合わせが適正であることを求めるのが矯正治療です。その他、顔貌、笑顔そして歯の並びが審美的であることも大切です。

ポイント2

治療行程はどのようにして決められるのでしょうか?
まずは治療目標を定めます。このとき顔立ち・歯並び・顎関節・歯を支える組織、それぞれの目標を総合的に設定することが重要です。
そして目標がしっかりしてくると治療の結果を予測することが可能となります。
これらの目標に達するためにはどのように歯を動かしたらよいか、その可能性と限界をあらかじめチェックすることができるわけです。

大人の歯列矯正のメリット、デメリット

医学的には歯と歯周組織(歯を支えている骨や歯茎etc)が健康であれば、年齢に関係なく矯正治療は可能です。しかし加齢に伴い歯槽膿漏など矯正治療にマイナスとなる要因が増加するのも事実です。
見た目の改善や健康でバランスのとれた咬み合わせは、歯列矯正の大きなメリットです。
一方で、治療期間においては虫歯や歯槽膿漏にならないように、担当医のアドバイスを良く理解し守るようにして下さい。

大人の矯正と子供の矯正の違い
大人の矯正と子供の矯正の違いのイメージ

子供の矯正治療の主な目標は「バランスのとれた骨格形成と永久歯の萌出誘導」です。
一方で大人の矯正(成人矯正)では、骨格は完成しているので、現在の土台=骨格の上にバランスよく歯を並べることになります。また、骨格のアンバランスが強い場合には外科手術を併用した矯正治療が適応になる場合もあります。

20代は美容のための矯正

就職・恋愛・結婚・社会人としてのスタートを切る20代。
経済的にも時間的にも余裕ができるこの時期に、今後の健康のため、あるいはアンチエイジングの一環として歯列矯正を行う方が増えています。
趣味や習い事などで新しい人間関係が広がるこの時期に、あらためて歯列矯正という自己投資をし「より魅力的な自分」を目指す方が多いのです。

30代はライフスタイルと矯正

仕事に家庭に忙しくも充実する30代。
職場では沢山の方の前でプレゼンする機会も多くなるでしょう。
いつも人と対面している接客業の方、PTAなどお子様の学校のおつきあいが増えた方・・。
あなたの歯並びは多くの方に見られています。そしてあなたのイメージ形成にもつながります。

40代はアンチエイジング矯正

子育てや仕事が一段落つく40代。
経済的にも時間的にも余裕ができるこの時期に、今後の健康のため、あるいはアンチエイジングの一環として歯列矯正を行う方が増えています。
趣味や習い事などで新しい人間関係が広がるこの時期に、あらためて歯列矯正という自己投資をし「より魅力的な自分」を目指す方が多いのです。

当院での診療の流れ
1ご相談のイメージ

1ご相談

まずは、お悩みやご希望等をお伝え下さい。
ご相談いただいた内容や矯正治療全般に関して、矯正の専門医から詳しくご説明いたします。
この際に、矯正治療をした際のメリット・デメリットをしっかりとご説明いたします。
※ 相談料は無料です。

2精密検査のイメージ

2精密検査

しっかりと内容をご理解いただけた上で、最善の治療を行うために必要な、レントゲン撮影等の検査を行います。

3検査結果説明・コンサルティングのイメージ

3検査結果説明・コンサルティング

検査結果を基に、今後の治療方針や期間、そして治療にかかる料金のご説明を致します。
この時に、治療をご希望されるか決めていただきます。
少しでも疑問点がございましたら、ご遠慮なくお伝え下さい。疑問を抱えたまま、治療を始めても良い結果を招きません。

4矯正装置装着の準備のイメージ

4矯正装置装着の準備

矯正装置を装着する前に、虫歯などがある場合は先に治療をしてしまいます。

5矯正装置の装着のイメージ

5矯正装置の装着

治療内容によって、一回で全て装着する場合と二・三回に分けて装着する場合があります。
最初は慣れないかも知れませんが、皆さん一週間くらいで慣れてきます。

6メンテナンスのイメージ

6メンテナンス

矯正治療中は虫歯になりやすいので、ブラッシング指導をして、3~4週間に一回、定期的にお手入れをします。